自社資料を法人用タブレットを使って顧客に見せる

会社の資料をエクセルで作っているところがありますが、そうすると、会社のパソコンのサーバーを圧迫してしまう可能性があります。サーバーを圧迫すると、パソコン自体が重くなり、作業がスムーズにいかなくなってしまう可能性もあります。そこで、最近では、社内資料をプログラミング言語を使ってWeb形式に変え、それをどこでも閲覧できるようにするシステムがあります。

業務用のタブレット情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

OSに依存しないタイプのプログラミング言語で資料を作成すれば、タブレットでもその資料を閲覧することが可能になります。もちろん、社外からのアクセスはブロックする必要性は出てくるでしょう。


そのアクセス制限は必須としても、社員だけがそのシステムにログインできるシステムを構築すれば、問題は解決します。

最近では、そのようなシステムを利用して、法人用タブレットを活用している企業が増えています。

今まで、エクセルで資料作成していた分をWEBにアップすることで、外回りの営業マンでもその資料をタブレットで簡単に閲覧することが可能になりました。

産経ニュースを利用するなら此方のサイトです。

特に法人営業では、顧客に資料を見せて商談を進めるシーンが多く、いちいち、顧客に見せる資料を自社で用意してから外出する必要があります。


しかし、突然、顧客から想定外の注文を受けた際、見せる資料がなく、また次の機会になり、商機を逃してしまうということも往々にしてありました。しかし、法人用タブレットをもって外回りをすれば、どこにいても資料を見せることが可能になります。